マリーンズまとめ速!

なんJ・おんJから千葉ロッテマリーンズにまつわるスレッドをまとめております。

    安田尚憲



    (出典 image.news.livedoor.com)



    1 風吹けば名無し :2018/02/16(金) 06:34:24.07 ID:coxhr/WW0.net

     ロッテのドラフト1位・安田尚憲内野手(18)=履正社高=が17日の台湾ラミゴとの練習試合(石垣)で「4番・三塁」で先発することが15日、分かった。

     シーズン最初の対外試合で球団の高卒新人が4番を務めるのは異例で、球団関係者も「記憶にない」という。
    同じく高卒だった西岡や今江も経験していない“快挙”だが本人は至って冷静だ。「4番を打ちたい? そんな気持ちはないですけど」と謙遜しつつ「試合に出られたらしっかりアピールしていきたい」と全力プレーを約束した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180215-00000281-sph-base


    【【ロッテ】ドラ1安田、ラミゴ戦で「4番・三塁」異例スタメン】の続きを読む



    (出典 www.hochi.co.jp)



    1 風吹けば名無し :2018/02/10(土) 14:17:53.26 ID:NDGRhe/G6.net

    ロッテD1・安田が複数安打 初紅白戦で新人3選手がヒットそろい踏み
    http://www.sanspo.com/smp/baseball/news/20180210/mar18021013380006-s.html

    ロッテは10日、沖縄・石垣島キャンプで初の紅白戦を行った。新人野手3人もスタメンに入り、紅組の「4番・三塁」に座ったドラフト1位・安田尚憲内野手(履正社高)は四回の第2打席に成田から右前打を放つと、
    後続の安打でチームの今季初得点のホームを踏んだ。さらに九回にも安江から右前打を放ち、実戦デビューでマルチ安打を記録した。

    同じくドラフト2位・藤岡裕大内野手(トヨタ自動車)は紅組の「1番・遊撃」で出場。一回の1打席目から右前打。三回の2打席目にも右前打を放つと、
    八回一死二塁では右翼線への二塁打で初打点を挙げた。白組の「3番・右翼」でスタメンのドラフト4位・菅野剛士外野手(日立製作所)は四回の第2打席に右前打で存在感をみせた。


    【【朗報】ロッテ安田、紅白戦でマルチヒット】の続きを読む



    (出典 www.hochi.co.jp)



    【【ロッテ】ドラ1安田衝撃デビュー“ゴジラ超え”サク越え7発】の続きを読む



    (出典 full-count.jp)



    1 風吹けば名無し :2018/01/26(金) 10:36:45.05 ID:NSw8PKQep.net

    ロッテ・ドラ1安田、新打法は“松井+ボンズ”「無駄なく打つ」

    昨夏まで軽く足を上げる形だったが、この日は完全なすり足だ。テークバックも小さく、目標とする松井秀喜氏の晩年をイメージする。
    1年目からプロの球に対応することを考えてたどり着いた。

    ただ、それも過程だ。
    「最近はボンズの動画を見ています。東京ドームのホームラン競争。あんな感じになりたい」。
    日米野球で何度も来日したバリー・ボンズ氏の本塁打シーンがお気に入り。体の軸回転で飛ばす理想のフォームは野球人生を懸けて追い求める。
    ttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180126-00000094-spnannex-base


    【ロッテドラ1安田「ボンズになりたい」】の続きを読む



    (出典 nordot-res.cloudinary.com)



    1 風吹けば名無し :2018/01/13(土) 20:44:35.12 ID:hA8vLtMn0.net

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180113-00000018-dal-base

     ロッテのドラフト1位・安田尚憲内野手(18)=履正社=が12日、"ゴジラ2世"の呼び名にふさわしい身体能力を見せた。

     この日、新人8人による合同自主トレがスタートしたが、楠コンディショニング・ディレクターは驚きを隠せなかった。

     「松井秀喜さんがあんな感じだったのではないでしょうか…」

     06年からトレーニング部門を担当しており「(ロッテで)こんな新人を見たことがない。大学、社会人にもいなかった」と言う。

     身体能力を測るテストが行われたが、特に際立っていたのが立ち幅跳び。「一番上位だった。全身のパワー。これはスイングにも通じる」と説明する。

     安田は「体はできています。2月1日(のキャンプ)までにはベストにもっていきたい」と話し、約5時間の自主トレを終えた。

     具体的な数値は公表しなかったが、超高校級の身体能力の高さだったのは間違いない。

     目標とする「松井秀喜」の基礎はすでにでき上がっている。


    【“ゴジラ2世”ロッテ・安田 松井氏に匹敵の身体能力「こんな新人見たことない」】の続きを読む

    このページのトップヘ