(出典 pbs.twimg.com)



1 名無しさん@おーぷん :2017/08/12(土)02:49:12 ID:0M0

主観入るから異論は大いに認める
2010からいる助っ人も11年からの評価で順位つける




2 名無しさん@おーぷん :2017/08/12(土)02:50:14 ID:0M0

まず一人目
18位 ペク・チャスン(2015)
15年7月にテスト入団.しかし二軍戦に数試合投げただけでその年限りの退団.


(出典 i.imgur.com)


3 名無しさん@おーぷん :2017/08/12(土)02:51:30 ID:0M0

17位 ディッキー・ゴンザレス(2013)
4試合 13.1回 0勝2敗 8奪三振 防御率8.10
グライシンガーで味をしめたロッテが次に目を付けたのは同じくヤクルト巨人ルートを辿ったゴンザレス.
しかし開幕からボコボコで,たった4試合で二軍落ち,その年限りで退団.マリンの風が嫌いという発言もしていた.
全盛期はスライダー,ツーシーム,チェンジアップを制球良く投げ込むスタイルだったが,ロッテ時代はそんな制球もどこへやら,とにかく棒球と甘い変化球をボコボコに打たれるという投球スタイルに変わっていた.
防御率が自分の誕生日と同じと友人に言われたが全く嬉しくなかった.


(出典 i.imgur.com)


4 名無しさん@おーぷん :2017/08/12(土)02:52:17 ID:0M0

16位 ダグ・マシス(2012)
6試合 26.1回 1勝4敗 14奪三振 防御率6.49
7月末,投手不足に首脳陣が慌てて獲得した先発右腕.当初はノーコンではないこと,球種がいくらかあること,援護にも恵まれなかったことから打たれても実況解説陣に酷評されることは少なく,期待されることもあったが,全く覚醒する気配も見せず,この年限りで退団.


(出典 i.imgur.com)


5 名無しさん@おーぷん :2017/08/12(土)02:53:46 ID:0M0

15位 ヤマイコ・ナバーロ(2016)
82試合 62安打 10本塁打 44打点 打率.217
韓国で48本塁打を放ち,クルーズの後釜として期待されながら入団.オープン戦でいきなり場外弾を放つなど,ファンに大きな期待を抱かせたが,2試合後に実弾所持が発覚し逮捕.4月頭まで謹慎となった.
4月末に一軍出場を果たしたが,肩痛や婚約者の出産のための帰国などで度々戦線離脱.さらに打率も低迷,守備も範囲が狭いうえにムラのある守備で期待を大きく裏切る結果に.結局この年で退団したが翌年獲得したダフィーとパラデスが大外れだったため,一時期復帰待望論が持ち上がった.
なお選球眼は悪くなく,出塁率は3割を超えている.


(出典 i.imgur.com)


6 名無しさん@おーぷん :2017/08/12(土)02:54:21 ID:0M0

14位 ホセ・カスティーヨ(2011)
86試合 89安打 5本塁打 34打点 打率.269
前年に横浜の二塁手としてまずまずの成績を残し,11年はメキシカンリーグでプレーしていたところを,絶望的な貧打にあえぐロッテが獲得.
来日初打席で本塁打を打つなど,4番として主砲不在の打線の穴埋めに期待がかかったが終わってみれば微妙な数字に.確かカスティーヨより高打率の選手はいなかった気がするが,この年限りで退団.


(出典 i.imgur.com)


7 名無しさん@おーぷん :2017/08/12(土)02:55:09 ID:0M0

13位 ビル・マーフィー(2010-2011)
48試合 197回 14勝11敗5H 152奪三振 防御率3.81
球威のある直球と大きく割れるキレのあるカーブが武器の先発左腕.入団当初は中継ぎだったが.唐川らの離脱により先発転向.開幕からの自身6連勝を含めた12勝を挙げ,成瀬と二枚看板としてチームを引っ張った.
とにかく制球が悪く,挨拶代わりの四球などはザラ.確か暴投もリーグ最多.二年目はその制球難も相まって日本シリーズの時のように序盤で崩されることが増え,この年限りで退団.


(出典 i.imgur.com)


8 名無しさん@おーぷん :2017/08/12(土)02:55:54 ID:0M0

12位 ヘイデン・ペン(2010-2011)
16試合 92.2回 4勝7敗 57奪三振 防御率3.69
ナックルカーブを武器とした先発右腕.1年目,新戦力獲得期限ギリギリに入団.
援護に恵まれないこともありシーズン中は1勝しか挙げられなかったが,日本シリーズ第五戦で吉見相手に6回2失点と十分な投球を見せて勝利し,日本一に貢献した.
翌年も4戦投げて2勝とまずまずの成績を残すも,5月に肘の手術で帰国.さらに翌年も4試合の登板に留まり,この年限りで退団.


(出典 i.imgur.com)


9 名無しさん@おーぷん :2017/08/12(土)02:56:31 ID:0M0

11位 チャッド・ハフマン(2014-2015)
73試合 51安打 4本塁打 28打点 打率.260
13年秋季キャンプで入団テストに合格.14年はレギュラー定着とはならなかったが.打率.270とまずまずの成績を残し,再契約.翌年は6試合のみの出場に留まり,その年限りで退団.
本塁打こそ少ないが選球眼ある中距離打者で,勝負強く足の速さや守備もまずまず.だが一番の魅力はそのままライトスタンドまで走っていきそうな一塁への全力疾走やダイビングキャッチなど数々のガッツあふれるプレーで,これに心をつかまれたファンも多いのではないだろうか.


(出典 i.imgur.com)


10 名無しさん@おーぷん :2017/08/12(土)02:57:25 ID:0M0

10位 ウィル・レデズマ(2012-2013)
27試合 31.2回 3勝3敗3H 23奪三振 防御率3.75
マシスと同様7月末に獲得した剛腕ノーコン中継ぎ左腕.初登板で3失点し,なんと12年はこの1試合のみの登板となった.
ところが,まだ服部藤岡も覚醒前,松永は入団前,古谷は先発転向中で絶望的に左の中継ぎがいなかったロッテはレデズマと契約更新.翌年は26試合で3点台前半とそれなりの活躍をみせた.
彼を覚えているロッテファンは,投球よりもその剛腕が生みだす送球で,ピッチャーゴロを処理した後一塁への送球が剛速球で,ファーストの井口が何度も苦笑いしていたことではないだろうか.


(出典 i.imgur.com)


11 名無しさん@おーぷん :2017/08/12(土)02:58:15 ID:0M0

9位ジョシュ・ホワイトセル(2012-2013)
87試合 83安打 13本塁打 57打点 打率.283
11年,チーム本塁打数が西武中村個人に負けるという屈辱的な貧打を味わったロッテが獲得した主砲.当初はグライシンガーと共に廃品回収と揶揄された.
開幕から4番に座るも打率が低迷して二軍落ち.しかし夏に再昇格すると人が変わったように打ち,8月は月間MVPを獲得.得点圏打率も高く来シーズンへ期待を持たせる成績を残した.
ところが翌年は結果を残せず退団.豪快なフルスイングが持ち味でそのバットが細川ら他球団の捕手を破壊することもあった.


(出典 i.imgur.com)


12 名無しさん@おーぷん :2017/08/12(土)02:59:19 ID:0M0

8位 チェン.グァンユウ(2015-)
21試合 86回 6勝5敗 70奪三振 防御率3.45
とにかく笑顔がかわいい台湾出身左腕. 14年秋季キャンプでの入団テストに合格.横浜時代とは比べ物にならない投手不足のロッテでは出番に恵まれ,14試合に投げて5勝と大きく飛躍した.
調子のいい時は直球を軸にスライダー,カーブ,チェンジアップを非常に制球良く投げ込み,球速の割に三振も多く奪う.
ここ2年は目立って活躍で来ていないが,年齢を考えても,奥さんのことを考えてもそろそろレギュラー定着が望まれる.
横浜時代は登録名が陳だったが,元中日エースで同じ左腕のチェン・ウィエンのような活躍を願って15年からは登録名がチェンに変わった.


(出典 i.imgur.com)


13 名無しさん@おーぷん :2017/08/12(土)02:59:59 ID:0M0

7位 イ・デウン(2015-2016)
40試合 124回 9勝9敗 108奪三振 防御率3.97
14年末にカ*傘下のAAAから入団した剛腕ノーコン韓流イケメン右腕.150km/h中ばの直球とカッター,フォークが武器.
四球で自滅し,置きに行った直球を痛打されて崩れるという典型的なノーコンで,開幕カードで苦しみながら初勝利を掴むもその後低迷し一度は先発失格に.中継ぎで結果を残して先発に復帰し,最終的に9勝をマークした.翌年はイースタン最多勝に輝くも一軍では3登板に終わり,自由契約に.
15年はイデウンの王子系ルックスに目を付けた広報が,ツイッターに今日のデウン様というコーナーを設けていた.


(出典 i.imgur.com)


14 名無しさん@おーぷん :2017/08/12(土)03:01:02 ID:iZH

レデズマ懐かしくて草
他球団ながらなんでこいつ残したんや…って思った思い出


16 名無しさん@おーぷん :2017/08/12(土)03:01:55 ID:0M0

>>14
左の中継ぎがマジでいなかったからね…
そういう点では松永は救世主だった


15 名無しさん@おーぷん :2017/08/12(土)03:01:06 ID:0M0

6位 クレイグ・ブラゼル(2013-2014)
97試合 70安打 15本塁打 47打点 打率.268
ホワイトセル離脱に伴い,井口以外の主砲を求めて6月に獲得.左Pが弱点ながら62試合で11本塁打,得点圏打率も高く代役4番として十分な成績を残した.
翌年は開幕4番の座を井上に明け渡し,さらにヘルニア治療のため途中帰国.そのまま復帰することはなく自由契約に.
四球を選ばない積極性と広角にホームランを打つ打力が魅力,そして一塁守備は新井さんの送球を受ける中で身に着けたのか,巧みなグラブ捌きで根元の魔送球をよく好捕した.
その愛らしい見た目と性格も相まって阪神,ロッテ両ファンからかなり愛された助っ人ではないだろうか.


(出典 i.imgur.com)


17 名無しさん@おーぷん :2017/08/12(土)03:02:32 ID:0M0

5位 ルイス・クルーズ(2014-2015)
259試合 236安打 32本塁打 134打点 打率.247
ユーティリティーという触れ込みで入団したが当初の構想はDHだった.怪我の今江の代わりに開幕カードはサードで先発するもエラー連発.守備がうまいという評判は何だったのかとファンに疑念を抱かせる.
しかし根元の不振から代わりにショート(鈴木はセカンドへ)で先発するようになると真価を発揮.範囲は狭いが神がかったグラブ捌きとスローイングを見せ,注目を浴びるようになる.性格からか集中力にムラがありエラーが多いため,コンバートされてからは二年間セカンドを守った.
打撃スタイルは,初球は殆ど振らないのにボール球はよく振るという13年金城のような不思議なスタイルで四球を選ばない.また,勝負強いが不調に入ると長く,1年通して安定した活躍することはなかった.
気さくな性格で,内向的なロサやデスパイネを食事に連れて行ったり,鈴木大地に守備指導をしたりと試合以外でのチームの貢献もかなり大きいことが今回の順位が成績の割に高い要因である.


(出典 i.imgur.com)


18 名無しさん@おーぷん :2017/08/12(土)03:03:29 ID:ng7

ハフマンもっと見たかったンゴねぇ…ちなロ


19 名無しさん@おーぷん :2017/08/12(土)03:03:43 ID:0M0

4位 セス・グライシンガー(2012-2013)
38試合 240回 17勝12敗 164奪三振 防御率2.93
ヤクルト・巨人で二年連続の最多勝を受賞した投手.巨人時代の晩年を考えると活躍の期待は見込めず廃品回収と揶揄されたが,西本コーチの指導と里崎の強気なリードとの相性が良く,チーム開幕4連勝に貢献するなど見事な復活を遂げる.
本人もヒロインなどで二人への感謝の意を度々述べている.
全盛期の球威とスタミナはなかったが,キレのあるカーブ,チェンジアップと制球力を武器にした省エネ投法が特徴.
ちなみに13年7月には13連勝中の田中将大を相手に7回1失点と快投し,勝ち投手の権利を持って降りるも抑えの益田が逆転サヨナラをくらって負け.
この年は松永内藤岡以外の中継ぎが楽天にカモ状態だったため,内を出せばよかったのにとスレが荒れた記憶が…


(出典 i.imgur.com)


20 名無しさん@おーぷん :2017/08/12(土)03:04:47 ID:0M0

3位 ジェイソン・スタンリッジ(2016-)
27試合 162回 8勝8敗 99奪三振 防御率3.56
前年にソフトバンクで2桁勝利を挙げたものの自由契約となり15年からロッテでプレー.
速いカーブとスライダー,カットボールなどを武器に打たせてとるピッチングが武器だが,内野守備が12球団ワーストレベルのロッテとは相性が悪いのではないか,と懸念されていた.
しかし蓋を開けてみれば春先は好調を維持し,涌井石川と共に先発陣を引っ張った.ところがロッテは他球団の追随を許さないほどの先発不足のため,ベテランのスタンリッジも(自身の好調も相まって)休むことができず,5月末からな徐々に調子を落としていく.
それでも涼しくなった9月からは34回を投げて自責点10と見事に復調し,最終的に8勝を挙げた.
強力打線を誇るソフトバンク在籍時ですら無援護気味だったのに,日本が誇る貧打線のロッテで援護がもらえるはずもなく,HQSを達成して勝ちがつかなかった試合が7つある.
阪神ファン,ロッテファンをはじめ多くのファンの知っている通り性格,人間性が素晴らしく,児童養護施設から養子を迎えたり,サファテと共に震災復興支援へ協力することを表明して勝ち星に応じて募金するなど,まさにくう聖という言葉が相応しい.
ちなみにマリーンズナイターではほぼ必ず観戦中のキャッシュ君をカメラで抜くが,スタンリッジが打ち込まれた後は露骨に眠そうな顔か辛そうな顔をしている.非常にかわいい.


(出典 i.imgur.com)


21 名無しさん@おーぷん :2017/08/12(土)03:05:33 ID:iZH

>>20
スタンリッジぐう聖だしもう少し見たいけど本人がもう辞める気なんやっけ


23 名無しさん@おーぷん :2017/08/12(土)03:06:55 ID:0M0

>>21
まだまだロッテにとっちゃ貴重な戦力だし来季から日本人枠になるけど本人のモチベはそうやろなぁ…


22 名無しさん@おーぷん :2017/08/12(土)03:06:04 ID:0M0

2位 アルフレド・デスパイネ(2014-2016)
282試合 280安打 54本塁打 187打点 打率.277
14年,面白いほどの長打力不足に発狂しかけていた伊東監督が手を叩いて獲得を喜んだキューバの至宝.
来日初出場の日ハム戦では初打席でセンターフライを上げるも陽が打球を見失い,初安打はラッキーな三塁打となった.この年は45試合で12本塁打と主砲の役目を十二分に果たした.その後も2年間4番を務めたが,16年オフ,キューバ政府,及びソフトバンクとのマネーゲームに負けに自由契約に.
PS4と焼肉とが好きで,仲のいいロサ,クルーズ,田原通訳と焼肉を食べに行くことが多かった.


(出典 i.imgur.com)


25 名無しさん@おーぷん :2017/08/12(土)03:09:45 ID:0M0

1位 カルロス・ロサ(2011-2015)
204試合 207回 5勝13敗79H1S 152奪三振 防御率2.96
直球の球威と程よく荒れる制球で長くロッテのセットアッパーとして活躍したリリーフ.
来日1年目からセットアッパーに定着し,62試合に投げて防御率2.08と大車輪の活躍.
クイックはあまり上手くないが四球連発して自滅するようなタイプではなく,直球とスライダー,フォークを適度に散らして打ち取るスタイルで薮田と共にプルペンを支えた.
翌年以降は,春先に抜群の安定感を示すも6月辺りから一気に調子を落として二軍落ちするパターンを繰り返し,2015年限りで退団.内同様タフな場面でしっかり火消しできる数少ないリリーフだった.
カルロスロサの語感の良さからワイの頭の中の登録名語感ランキングでは見事山本昌に次ぐ二位に入賞.


(出典 i.imgur.com)


26 名無しさん@おーぷん :2017/08/12(土)03:10:27 ID:f6N

>>25
カルロス・ロサも山本昌も発音似ててくさ


27 名無しさん@おーぷん :2017/08/12(土)03:11:10 ID:0M0

以上
今年の助っ人四人がこのランキングのどこに入るのか楽しみにしながら試合を見守っていきたい


28 名無しさん@おーぷん :2017/08/12(土)03:12:44 ID:ng7

サンキューイッチ
今年デスパが居ればと何度思った事か…
まぁ一人おってもあんまり変わらんやろうけど