マリーンズまとめ速!

なんJ・おんJから千葉ロッテマリーンズにまつわるスレッドをまとめております。

    2019年01月



    (出典 www.sponichi.co.jp)



    1 風吹けば名無し :2019/01/30(水) 22:13:27.56 ID:IMVEEaTJ0.net

    「ベイスターズにいた頃、人々に本当によくしてもらったんです。ファンの応援を肌で感じて、日本は素晴らしいな、第二の故郷として過ごしていきたいとずっと思っていました。

    日本で食べたいものですか? ラーメンが好きなので、ラーメン街に行きたいですね」

     11年に横浜入団。チーム名がDeNAになった12年までプレーした。当時から高い将来性を感じていた若者は、今や日本の主砲になった。筒香だ。

     「対戦したい気持ちは強いですね。彼とは友達として付き合っていたし、素晴らしい成長ぶりを見ていたので。マウンドでぜひ彼に投げてみたいですね」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190129-00000236-sph-base


    【ロッテブランドン「筒香と勝負したい」】の続きを読む



    【【画像】ロッテの新外国人レイビンくっそイケメンで草】の続きを読む



    (出典 baseballgate.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/31(木) 07:07:46.05 ID:AdZCg4ra9.net

    今月26日に大阪桐蔭の卒業式に出席したロッテのドラフト1位・藤原恭大は笑顔を浮かべ、友達との久しぶりの再会を楽しんでいた。
    だが、2日前、その笑顔が凍るようなある事件が起きていた。

    25日は休養日だったため、24日にさいたま市内のロッテ浦和球場で行われた新人合同自主トレを終えた18歳は一人、大阪へ向かった。
    だが、新幹線に乗ると突然ボールを持った男性が藤原の車両に乗り込み、背後からサインを要求してきた。
    車中でもあり、丁重に断ったが、諦めてはくれず10回ほど断った。
    ようやく、断念したかと思いきや、今度は正面に回り込み、写真を撮影し始めたという。

    「一人だったので、どうしていいのか分からなかった。何度も“すみません”と言ったんですが…」。
    困惑気味に当時の状況を振り返った藤原。18歳が一人、狭い空間で見ず知らずの人に詰め寄られ、無言で撮影を繰り返される。その時の恐怖は想像に難くない。

    新人合同自主トレの行われるロッテ浦和球場では練習内容、疲労など考慮し、可能な限り、サイン対応をする。
    一人でも多くのファンに書けるようにサイン以外の「マリーンズ」や「日付」の要求は禁止しているが「なぜ、書けないのか?」とルールを破り、個の主張を通そうとするケースも目立っている。

    夢を抱き、プロ野球界に入ってきた若者たちはまだ、右も左も分からない。ファンとどう、接していいかさえ、手探りだ。
    「新人だからいいだろう」と安易な考えで、無理強いはしないでほしい。

    1月のロッテ浦和球場で見かけるファンの多くは寒空の下でじっと待ち、サインがダメならば強要はせず、声を掛けて激励する。それが多数だ。
    だから選手との壁は高くない。「藤原」というスター候補が生まれたからこそ、一部の心ない人のためにこの均衡が壊されないことを願う。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190130-00000072-spnannex-base
    1/30(水) 9:45配信


    【【悲報】一部ファンの心ない行為にロッテ藤原が困惑】の続きを読む



    (出典 biz-journal.jp)



    1 風吹けば名無し :2019/01/28(月) 23:55:03.46 ID:JruGnh0f0.net

    横浜ファン「最下位確定やろ」
    中日ファン「最下位確定やろ」
    阪神ファン「最下位確定やろ」


    【オリファン「最下位はない」ロッテファン「最下位はない」楽天ファン「最下位はない」】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 風吹けば名無し :2019/01/29(火) 14:31:48.81 ID:lLhjHJJ60NIKU.net

    レイビン 1勝1敗30S 2.64
    ブランドン 4勝3敗 3.19
    レアード .245 32本 90打点
    バルガス .264 29本 80打点


    【ロッテの新外国人が残しそうな成績予想www】の続きを読む

    このページのトップヘ